より美しい自分になる

看護師

目元の印象を変える方法

一重まぶたを二重にしたい時には、美容整形でその望みを可能にすることができます。整形の方法は、現在では大きく分けると埋没法と切開法の2種類があります。埋没法とは、まぶたの皮膚を筋肉などと糸で結んで二重にする方法です。糸を通す穴はあける必要がありますが、メスなどで皮膚を大きく切るといったことはありません。糸を結ぶ部分の数によって1点留め、2点留めなどと言われています。糸が緩んだり、とれたりすると元の一重に戻ります。一般的に結ぶ数が多いほど、糸がしっかりと留まり、とれにくいとされています。切開法は、その名の通りまぶたの皮膚を切開する方法です。切開法は、少しだけ切る部分切開法と、長く切開をする全切開法があります。切開法の特徴は、一度施術すると、ほぼ戻ることなく、二重を維持できるということがあります。費用は、クリニックや施術方法によって異なります。一般的な費用は、埋没法はだいたい数万円から、切開法は10万円前後からの設定にしているクリニックが多いようです。美容整形で二重にする時に、埋没法、切開法のどちらにするかは、まぶたのタイプによって選ぶ必要があるケースもあります。まぶたの脂肪が多い人の場合、埋没法ではうまく二重のラインを形成できない可能性もあります。切開法では、まぶたの脂肪を除去することもできるので、脂肪の多い人でもきれいに二重を形成することが可能です。また、まぶたにたるみが多い人なども、切開法が適しているケースが多くあります。費用は全額自己負担となりますが、クリニックによって、同じ埋没法や切開法でも、少しずつ術式が異なる場合があります。近年では、より術後の腫れなどが少ない方法や、自然な二重とほぼ見分けがつかない方法など、術式の研究も進んでいます。そのため、クリニックを選ぶ時には、費用のみでなく、美容整形の方法などについても調べてみると、より違いがわかりやすくなることがあります。自分がどのような方法が適しているかわからなくても、医師が診察をして適した方法を選択してくれるので、まずは相談してみることが大切です。

Copyright© 2018 目元の悩みを二重整形でなくそう【リーズナブルな費用で挑戦】 All Rights Reserved.